◆ 東日本大震災への祈り ◆
〜「鎮魂晶」の祈りにご協力を〜
   
  よくある質問
 

 "よくある質問"として、皆さんが疑問に思われることへの回答をまとめてみました。この他にも何か疑問があれば、「郵送で鎮魂晶を受け取る」の項にあるメールアドレスへお送り下さい。
(* 頂いたメール全てにお答えできない場合もあります)

  1. いつまで「鎮魂晶」の祈りは続くのですか?
     
  2. これまではどのようなところで祈りをしたのですか?
     
   
  「よくある質問」への回答
 
  1. 「真の道」とはどんな団体ですか?
     真の道の発足は昭和20年代に始まった心霊研究会を源にしており、宗教法人法に基づく「包括宗教法人」の一つです。 詳しくはホームページをご覧下さい。
     
  2. 「協力金」とは何ですか、何に使われるのですか?
     協力金は「鎮魂晶」をお渡しするときに頂くもので、水晶などの実費に加え、今後慰霊の祈りを行う際の費用の一部として使われます。「鎮魂晶」1つにつき500円です。
     
  3. 郵送時の個人情報はどう使われるのですか?
     郵送で鎮魂晶を送るために頂いた個人情報は、鎮魂晶をお送りするためだけに使われます。他の目的では使用致しません。
     
  4. いつまで「鎮魂晶」の祈りは続くのですか?
     3年を一つの節目として続けていきたいと考えています。
     
  5. これまではどのようなところで祈りをしたのですか?
     ご紹介したように海外ではスマトラ島沖地震の震源地に近いインドネシア・アチェ、台湾の玉山、北朝鮮の白頭山、北米アラスカのマッキンリー山などたくさんの場所で、日本国内では富士山、琵琶湖、鳴門など数多くの地で祈りを捧げてきました。
    また鎮魂晶を納める慰霊の祈りは、金華山、陸前高田、南相馬など、多数の場で祈りをしています。
     
   
©Copyright 2011 宗教法人・真の道